僕の宵と明けの唄

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の宵と明けの唄

アスペルガー症候群の僕の日々の生活・趣味を綴ります。

思考能力を奪う薬と自死


以前、精神科に通院し始めた時に、初めて処方された薬のことを書きました。

レキソタンドグマチールです。

今でも飲み続けています。

最初、飲んだときは、明らかに体や心(脳)に異変が起きました。

仕事をしている昼休みに飲んだのですが、
・床が沈む。床との距離感がつかめない感覚に襲われる。くらくらする。
・他人の無駄話が気にならなくなる。

といった症状と効果が出ました。

職場を一週間休んだ時、たまに会う関係先の先輩から
「考えすぎちゃ、だめだめ」と言われました。

でも、元来、考えすぎるくせ、あるいはいい面として先を見通す力があるために、自分の限界やそれに伴う絶望感を感じて苦しんでいました。

■役立たず

「ほんと、お前はだめ人間だな」

「ほんとは鬱とかじゃないじゃないってみんな言ってたよ」

・・・職場に復帰するときに、先輩に言われた言葉です。

僕は仕事では成果を残していた事柄もあり、それを自負していたので、心にキイタ言葉でした。

■愛する人の役に立てないから・・・

秋になって、希死念慮が強くなってきました。

それとは、関係ないのですが、あるお世話になった先輩が自死したのを知り、相当、ショックを受けました。

まさかあの人が・・・というスポーツマンで頭も切れ、地域社会にも貢献している、有能な人でした。

その方が亡くなったことを知り、自分の身近で自死した人たちの気持ちを考えることが増えました。

ふっとしたときに、考えます。

死に至った病の絶望感は人それぞれでしょうが、今、一つ感じることがあります。

「愛する人の役に立てないから」

「愛する人たちの足手まといになってるから」

そんな考えに覆われて、自分が死にたくなる感覚を持つようになっています。

自死する人の中に、こんな感覚に何度も襲われて、亡くなっている人も多いかと思います。

人の役に立とうとしても、立てない自分へのいらだち。

他人に厳しい人から全否定させることもあります。


そんなときには生きる気力も失せますね。

■頭なんかよくなくても、仕事さえしてくれてればいい
だから、思考能力を奪う薬に頼ってしまうのでしょう。


余計な話ですが、僕はIQが126のアンバランス型のアスペルガー障害です。

「頭なんかよくなくても、仕事さえしてくれてればいい」

ある人の言葉です。

問題は今日の雨でも雪でもないのです。

そんな言葉を聞いた日からしばらくは。 



カフカはなぜ自殺しなかったのか?: 弱いからこそわかること