僕の宵と明けの唄

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の宵と明けの唄

アスペルガー症候群の僕の日々の生活・趣味を綴ります。

残酷な天使の云々 その2

■ユキさんの霊視

話はなかなか終わらなかったのですが、今にして思えば、当時、うちのかみさんは、その集まりに参加したことにたいそう腹を立てていて、電話で連絡したら、怒っていましたね。

 

で、この飲み会の僕にとっての目的である、前世のメグさんとのつながりについて、「ユキさん」に聞くことにしました。

 

ここで、登場人物を整理したいと思いますが、

 

 ・僕

 ・サラちゃん(霊感のある、妻の職場のバイトさん)

 ・メグさん(サロンでサラちゃんに相談した子)

 ・ユキさん(サロンの方)

 ・ヒロコさん(飲み会の参加者、ユキさんの関係者)

 ・タカヤマさん(ユキさんの友だちで、僕の弟の元同僚)

 ・クラサワさん(飲み会途中参加の営業マン)

 

7人です。

 

さて、ユキさんのことは、事前にサラちゃんからチラっと聞いていたのですが、霊感を発揮するようになったのは、当時、まだ間もない時期だったということでした。

それで、まだ自分で力をコントロールできない部分があるというのを聞いていました。

 

なので、こちらも慎重に対峙しました。

 

ユキさんは、薄いショールのようなものを取り出して、目を閉じ、体を斜めに右に斜めにさせて、霊視をし始めました。

 

その結果

・僕は天使の生まれ変わりである

・僕はローマ時代のどこかの国の王であった

・僕は暴君だった

・ヒロコさんが年下の幼なじみでヒロコさんを好きだった(現世ではヒロコさんが僕の一つ年上)

・でもヒロコさんが好きなのはクラサワさんだった

 

という結果でした。

 

みんなキョトンとして話を聞いていましたが、僕は自分の事なので、よく話を聞きつつも、丸裸にされるようで、恥ずかしかったです。

 

恥ずかしかったからというわけではありませんが、メグさんもそろそろ帰りたいということだったので、メグさんを車で送っていくことになり、その場を後にしました。

 

「メグさんと俺、なんも関係なかったね。。。」なんて話しながら帰ったでしょうか。

 

「あーあ、言っちゃった・・・」

その後、どうしても「あやかし」の件が気になり、かみさんを通じて、サラちゃんと会って、除霊をしてもらうことにしました。

 

除霊は当時住んでいたところの近所の大きな公園で、行われました。

 

背中をさすられるかすると、サラちゃんが

 

「ほーら、むこうにぴょんぴょんと飛んでいきましたよ。見えませんか」

 

なんつって、僕には見えませんでしたが。。

 

そういう訳で、「あやかし」の件は終わりましたが、こないだの飲み会の話になって、「こうこう言われたよ」と話したたら、サラちゃんは

 

「あーあ、言っちゃった・・・」

 

と、がっかりするように言いました。

 

というのも、「天使」という概念は人間にとって、よいものばかりではなくて、どちらかというと、「使徒」に近いと。

 

僕はエヴァンゲリオンも何も見たこともなくて、今になってスーパーロボット大戦なんかのゲームで、その世界観のちょこっとを知る程度なのですが、サラちゃんいよると、ユキさんは、前述の通り、霊感に気付いて日が浅いので、他人への伝え方を身に着けていない、とのことで。。。

 


第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 PlayStation3 the Best

でも、僕にとっては、まだそのことについて深く追及していないし、確かに高校の文化祭のクラスのビデオで、悪の木っ端の生徒会長をやったけれど、そんなそんな「使徒」なんて概念、わからないし、、、いずれにしろ、そのことについての方が、「あやかし」よりも、今では、背中に張り付いている気分で、恥ずかしい話ではありますが、僕の持っている本性の一部分ということで、何卒、このブログの奇特な読者の皆様におかれましては、ご理解願いたいと思います。

 

後は、サラちゃん自身の霊力や身の上話もたくさん聞きましたが、これはプライバシーに関わることなので、、、

 

あの時会った皆さんがどうしておられるか、正直少し心配な昨今です。