僕の宵と明けの唄

僕の宵と明けの唄

アスペルガー症候群の僕の日々の生活・趣味を綴ります。

遠野旅~めがね橋・ジンギスカン・ホップ

 お盆の中、遠野に小旅行に行ってきました。

 

 ひさびさの遠野です。

 

 大学生の時、バイト先で知り合ったazuzuちゃんと、行ってきました。20

年以上の長い付き合いになります。

 

 今回もこうやって声をかけてくれて感謝です。

 待ち合わせ場所で遠野旅を提案しましたが、まともに遠野に行ったことがないかもということで、即決。

 いつも盛岡でお茶するときとは違い、遠出です。

 

 道中、車の中で、いろんな話をしました。azuzuちゃんは聞き上手で、話も面白いので、ありがたいです。

 ちなみにazuzuちゃんは卓球の石川佳純ちゃんに似ています。つーか佳純ちゃんがazuzuちゃんに似たというのが真実なんですけど。

 

 

 そんなわけで、この日は天気もよく、猛暑でしたが、さわやかに晴れ渡って秋の気配はやってきているのか、上空にはダイナミックな筋雲が流れていました。

 

 

めがね橋、わさびソフト

 まず、途中、旧宮守村のめがね橋。

f:id:manrayn:20160820134925j:plain

 

 出張ではよく通った道ですが、こうやって、ゆっくり眺めるのは初めてかもしれません。

 

 azuzuちゃんも初めて来れたようでよかったです。

 

 橋の下を流れる川では、犬を連れた人が、犬の水浴びに来ていて、犬が僕によってきた時は、内心、びびっていましたが、なんとか去って行ってくれました。

 

 遠目に、犬が水とたわむれる姿は見ていても涼し気でした。

 

 

 めがね橋の道の駅では、特産品である根わさび、480円のものを買いました。地元ならではのありがたい価格でしょうか。

 

 翌日、おろしたものをアツアツのご飯にかけて食べましたが、とてもうまかったです。

 一回では使い切れなったのですが、アルミホイルに包んで、冷蔵庫に入れとくと、保存もある程度きくということで、二回目も楽しみです。

 

 

 わさびソフトも食べましたが、ソフトクリーム自体がおいしいのと、つんと鼻に抜けるわさびの塩梅がちょうどよく、また食べに来ようと思いました。

 

 

遠野名物ジンギスカン 

 昼食は、遠野の食肉センターで食べようということにしたのですが、帰省客や観光客でごった返しており、店員さんに聞いたら50分待ちくらいとのことで、待ち予約の紙に名前を書いて、待ち時間を利用して、伝承園に行きました。

 

 おしらさまの部屋はいつ来ても神秘的で好きです。

 

 食肉センターに戻ったら、ちょうど名前が呼ばれ、時間を有効に使うこともでき、なんといっても肉がやわらかく、うまくって満足しました。

 

 上ラム定食1,250円。

 野菜もたっぷりついて、お得です。

 

 

■ホップ好きな僕

 お腹もふくれたところで、かっぱ渕へ。

 

 かっぱもいたし、観光客も大勢いました。

 

 駐車場からかっぱ渕へ向かう通りに、ホップ棚があり、まだ収穫には早いですが、仕事でホップにかかわる仕事もしていたこともあったので、久々にホップを見て、ホップ棚というものも好きだし、社会人になってほぼ最初に担当した仕事でしたから、ひそかに感慨にふけっていました。

 

 あとは、ホップがなっている姿を見るのが好きなんですよね。

 

 生育状況を見ると、素人ですが、そこの圃場のホップは、枯れている個所も多く、夏前の日照不足が影響したのか、大豊作というわけではないなと感じていました。

 

 山崎金勢様もおがみに行き、帰り。

 

 

 盛岡に着いてから、azuzuちゃんともう少し話をしたくて、ラーメンを夕食に食べることを提案。

 

 柳家東安庭店で期間限定の「トムヤムクンラーメン」880円+パクチー100円を食べました。

 辛味も酸っぱさもちょうどよく、満足しました。

 

 

 僕ら夫婦の幸せを願うのはもちろん、azuzuちゃんの幸せが続くことを願って、しばしのお別れをしました。