僕の宵と明けの唄

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の宵と明けの唄

アスペルガー症候群の僕の日々の生活・趣味を綴ります。

auでんきで、年3,000円お得に!

 

 

 最近、いろんなことの見直しをしている。

 

 まずは電気自由化に伴って、auユーザーの僕は、auでんきに切り替えることにした。

 

 基本的な電気料金はこれまでの東北電力とは変わらないのだが、au walletに電気料金が5,000円以上ならば、3%がキャッシュバックされるのだ。

 

 さらに8,000円以上ならば5%。

 

 うちのマンションは、IHクッキングヒーターの仕様になっていることもあり、あとは基本的に僕は自宅にいることが多いので、特に夏はきつい日差しや、雨でも蒸す天候では、クーラーが必要だ。特に午後からの西日にはやられてしまう。

 

 といったわけで、電気代は月5,000円を下回ることがない。

 

 電気代をチェックしてみて気付いたのは冬の電気料金が多い月には10,000円を超えることがある。

 去年8,000円を超えたのは1月と2月の料金だった。

 

 これは、厳しい寒さで、エアコン暖房やオイルヒーターをよく使うからだ。

 

 気密性の高い部屋のため、冬は、部屋を傷めたり、最悪、一酸化炭素中毒にならないように、石油ヒーターも使わないで寝かせてあるし、部屋の構造上、FF式ファンヒーターの導入も今のところ考えていない。

 

 

 こういったことを考えると夏なら電気料金7,000円として210円、冬なら10,000円として500円、得になる。

 

 ちなみに、この7月までの1年間の電気料金で見てみたら、約3,000円のキャッシュバックが得られる計算になった。

 

 au wallet cardは、各コンビニなどで使えるので、ちょっとした買い物に利用できる。

 

 

アプリで面白い可視化も

 付け加えになるが、auでんきのスマホアプリでは、前日までの時間ごとの利用料金がグラフ化され、目で確認できる。

 

 何時に家で電気を使ってなくて、何時に使用量が増えているかというのが、一目でわかるというのも面白い。

 

 工事は、メーターの付け替えになるが、今のアナログメーターから、デジタル式で、検針員さんの仕事を奪ってしまうスマートメーターに代わる。

 

 この取り換え作業は、東北電力などでも、順次スマートメーターにしていくのだそうだ。

 

 これからもお得で、便利なことは整理して、切り替えていきたいと考えています。